プラス思考は本当に良いのか

2016.10.16

自己啓発関係の書籍やセミナーでは、プラス思考と言うのは話されることです。

 

 

私も基本的には、プラス思考が良いとは思っています。

 

 

その根拠としては、悪い状況から回復するためには、動かないといけないからです。

 

 

悪いからと言って、誰かが助けてくれるわけではありません。

img_5369

 

みんな、自分の事で精一杯です。

 

 

自ら動くためには、どうすれば良いのか。

 

 

その答えの一つが、プラス思考という事です。

 

 

今は悪いけど、そのうち良くなる、ただじっとしているだけでは変わらないから、何かしら行動しようと。

 

 

そこで役に立つのが本ですね。

 

 

有名どころでは、「思考は現実化する」、「原因と結果の法則」、「中村天風シリーズ」、「斎藤一人シリーズ」。

 

 

私も今まで、上記の書籍は一通り読んでいます。

 

 

自己啓発とは少し違うと思いますが、「貧乏父さん金持ち父さん」も有名ですね。

 

 

私は少し変わっていて、ここの紹介されていた、上記で挙げた「思考は現実化する」に大きな影響を受けました。

 

 

当時は参考書代わりにしていたほどです。

 

 

長女が生まれたばかりの時に、妻が実家に一月ほど帰っていた時期があったのですが、その時にむさぼる様に読みました。

 

 

長編なのですが、一月に数回読み返しました

 

 

この書籍がキッカケで、体が軽くなったと言いますか、フットワークが良くなったという印象はあります。

 

 

一言でいえば、性格が少し変わった、と言っていいほどですね。

 

 

まあ、こういう何かのキッカケで、人は行動的に成れる、という事だと思います。

 

 

この、「ツボ」というのは人ぞれぞれ違うと思います。

 

 

なので、沢山の本を読み、「これだ!」と思えるものに出会った時に、のめり込めばいいと思います。

 

 

間違ってはいけないのが、自分を良い方向に変えるキッカケにする、という事ですね。

 

 

これは宗教ではありませんので。