2017年はどんな年になるでしょう。

2017.01.03

明けましておめでとうございます!

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年を振り返ってみますと、やはり世界的にはイギリスの同行、アメリカ大統領選は大きなニュースになりました。

 

グローバル化が極度に進み過ぎ、その反動がよいよ来るのかな、という感じがします。

 

それでも、日本はTPPだの、外国人労働者の受け入れだの、世界とはまるで真逆に動きに見えるような事をしています。

 

何か大きな力が働いている様にしか見えません。

87eed786-s

 

私たちは、そんな動きに出来るだけ敏感に対応していく必要があるでしょう。

 

少なくとも、現状までのグローバル化はしていますので、世界の影響は必ず受けますから。

 

私個人の事で言いますと、昨年は以前の事業から卒業して、初めてまるまる一年を過ごした年になりました。

 

昨年は、たまたま色々と頼まれごとが多くて、それなりに忙しい思いをしましたが、それも今年は一段落しますので、また別な動きをして行こうと考えています。

 

そのうちの一つが、このサイトです。

 

このサイトは私が今まで経験してきたことを、出来るだけ多くの方に参考になれば、と作ったサイトです。

 

また、このサイトを通して色々な交流が出来れば、とも思っています。

 

億単位の借金を処理したという実績は確かにあるのですが、私自身がそれでどんな事が出来るのか。

 

お金に困っている人のために、どんな事が出来るのか、という事をじっくり考えて、少しずつ形に出来れば良いな、と思っています。

 

まず、今年初めの私からの情報ですが、昨年はEUとアメリカ大統領選で他のニュースが霞んでしまった感はあります。

 

日本では昨年、三笠宮様の薨去、また現天皇陛下の譲位のご意向等の動きがあった年です。

 

何かの区切りに成るような年であったと思います。

 

この様な事から考えると、今年2017年は政治的にも経済的にも何か大きな動きがあるかもしれない、という事ですね。

 

それと、私が気になっているのは、仮想(暗号)通貨ですね。

 

昨年末からのビットコインの上昇基調は凄いものがあります。

 

私個人的には、こういう投資はあまりしない方ですが、暗号通貨に関しては、先進国以外での需要が確かに存在する事から、今年はその動きに注目して行きたいと思っています。

 

暗号通貨の最大の特徴は、送金のし易さです。

 

日本では、銀行網が極端に発達しているのでその様な不便さは感じませんが、世界的にはお金を送金するというのは、凄く大変な作業なのですね。

 

それが、この暗号通貨を利用すると、ネットを通して一瞬で行えるのと、またネットを通してですので、手数料が安く済む、ということ。

 

アメリカでさえ、国内の送金は4~6日位かかり、手数料も数千円掛かるそうですからね。

 

まあ、昨年にあった事柄の答えが今年から徐々に見えてくるのかな、と感じています。

 

想定外の事が起こるのが、現代社会の当たり前なので、そういう事に備えて、色々と準備をしていきたい年ですね。