キタムラの大量閉店報道。

2017.01.28

カメラのキタムラが今季で合計22店舗の閉店をする、という記事を読みました。

 

その中では、850店舗中の22店舗という事なので、私個人的には、想定内ではないか、と思うのですね。

 

理由として、スマホの販売方法が厳しくなるから、という事です。

b9d3188a

 

850店舗あるのですから、業績が振るわない店舗がそのくらいあってもおかしくはないです。

 

逆に、その位店舗数があって、全て好調という方が可能性が低いと思います。

 

私のサイトでは、お金のこと、事業の事を話させて頂いていますが、事業と言うのは山あり谷ありです。

 

まあ、このニュース記事を読んでいて、他の書くことがないのかな、なんて思ってしまいました。

 

金融機関からの融資と言うのは、事業を広く展開しようと考えた時、どうして考慮しなければいけない事柄です。

 

手元に、何十億円という現金があれば、零細企業の場合、融資を受ける必要がないかもしれませんが、そうではありません。

 

事業をしていて、ここで投資をしれば事業が拡大する、もっと安定性を増すことが出来る、という場面があります。

 

そんな時に金融機関に力を借りて、投資をし、事業をもっと安定化させることが出来れば、そうすべきです。

 

また、手元に現金を置いておけば、いざという時に、その現金を使い、急場をしのぐ事が出来ます。

 

事業をしていく上で、手元キャッシュの厚み、というのは本当に重要な事です。

 

なので、借金は嫌だ、と毛嫌いするのではなく、積極的な意味で、融資を受けていく、という事は必要な事です。

 

いけないのは、融資に頼る度合いが高く成り過ぎる、からいけないのですね。

 

融資依存、というのは他力本願です。

 

自分の力では運営出来ないという事ですから、そうなるともう、自分の会社ではなく、金融機関の会社、と言えるかもしれません。

 

そうならない様に、事業をしていく必要がありますね。

 

BSで自己資本比率という項目がありますが、これが凄く重要な指標となりますね。

 

業種にもよりますが、この自己資本比率が適正になる様に、経営をしていきたいものです。

 

因みに、不動産賃貸業の場合は、不動産を担保で提供していますので、自己資本比率は低くなる傾向があります。

 

その分を、担保で補っている、という事ですね。

 

BSの見方も、業種で変わってくる、という事ですね。