やってるふり、に逃げない

2017.04.05

私もそうでしたが、借金の問題を抱えた時にする典型的な行動がありますが、お分かりでしょうか。

 

そうですね、現地逃避です。

 

私の場合は、以前の遊技業を営んでいる時、法改正により業績が急降下した、というお話をしました。

 

その際に、RCC問題を抜け出すために、ノンバンクから借り入れをしていたのですが、返済が遅れがちになると、取り立てが凄かったのです。

0025

 

月末にキチンと返済が出来ずに、月が明けて電話が鳴るのですが、もう電話に出たくなくなるのですね。

 

こういう期間がしばらく続くと、居留守を使うようになります。

 

要は、その場から一時的に逃げる、という行為ですね。

 

別の言い方をすると、現実逃避です。

 

お金の問題に直面すると、大きかれ少なかれ、こういう状態になると思います。

 

それがですね、この現実逃避と言うのは、意外にも多いと聞いています。

 

こういう事ありませんか。

 

何かやっていないと不安だから、取りあえずパソコンを開いている。

 

不安だから、取りあえず会社にいる。

 

机に向かっていれば、何となく仕事しているように感じるし、パソコンを開いていても、何となく仕事している様な感覚になれます。

 

でも、よく考えて見ればわかる事ですが、パソコンを見ているだけでは売り上げは上がりませんし、机に座っているだけでも同じです。

 

そうです、行動しないと何も変わりません。

 

先ほどの借金の問題も、昔の私の様に、居留守を使っても何も解決しません。

 

私の場合はノンバンクだったので、リスケに応じてくれませんでしたが、一般的に銀行なら、率直に行動すれば話は聞いてくれるはずです。

 

まずは話をしてみることです。

 

答えが中々出てこないかも知れませんが、その時はまた考える。

 

次の手が打てるのですね。

 

逃げていては、どうなるか分からないので、悶々とするだけですし、思考停止になります、

 

それと、どうせ机に向かっているだけなら何もしないのと同じなので、その日はぱーっと気張らしでもして、気分転換したほうが余程よいと思います。

 

それで、次の日に活発に行動する。

 

頻繁に言っている事ですが、行動しないと、前に進みませんし何も変わりません。

 

確かに怖い事ですが、その情況を作ってしまったのは自分の過去の行動の結果なので、今からは性根を入れ替えて、行動を変えて行かなければ、何も変わらないという事になります。

 

嫌われる勇気ではありませんが、それこそ勇気が一番必要な時ですよね。

 

世の中で一番重要な事は、勇気かもしませんね。