本を読むことは良い事ですが

2017.04.24

向上心が強い方は、本をよく読まれる方が多いようです。

 

私も、どちらかというと読む方だと思います。

 

それで、これは私も反省する事ですが、本は読むだけではいけない、という事です。

 

私が思うに、これは本の悪い部分だと思いますが、読むと、それで満足してしまうという事ですね。

 

ビジネスの事で本を人は、その本を読んで何かの成果を出したい、と思っているとはずです。

 

それなのに、読んだだけで満足するというのは、いけない事ですよね。

009

 

私なんか、それがしょっちゅうです(笑)

 

それで、です。

 

本を読んでも中々行動が伴わない人は、一旦、読む冊数を減らすことをお勧めします。

 

借金対策なんか特にそうだと思いますが、その人その人で環境も違いますし、属性も違いますので、当たってみないと分からない、という部分が多いです。

 

例えば、一口にサービサーを利用してと言いますが、そもそも債権者(金融機関の場合が多いですね)が、サービサーに売却する事を拒むことも考えられます。

 

債権者が金融機関ではなく、個人や会社の場合は、それこそ対処応報は無数にあると思います。

 

なので、本や私のサイトの様なところである程度の勉強をしたなら、その後は実際に会って、方法を考えて行く必要があると思います。

 

以前にもお話ししましたが、過去の自分から脱皮する事が最も重要な事です。

 

そうしないと、また同じことにも成り兼ねないのです。

 

こういう事から、本や検索などで勉強した後は、実践に移すことを念頭に勉強されることをお勧めします。

 

借金問題だけではありません。

 

正常に生活できている場合でも、本は読んだ後で実践する事を前提に読めば、本当に安い買い物だと実感できるようになると思います。

 

そうすると、もっと高価な本が買えますので、もっと貴重な情報を集められる、という事にもなりますね。