知識と理性は違う

2017.05.09

お金の問題と言うのは、ある意味、方程式が色々とあり、それに当てはめて問題を解決していく、と言えるかもしれません。

 

なので、以前にもお話ししましたが、負債の問題は解決したのに、またお金に困り、二次破綻するという人が出てくる。

 

知識は付いたのに、知性が伴っていないと言えるかもしれません。

 

この間、広告の問題である弁護士事務所が話題に成りましたが、あのような形でお金が戻ってくる事で、その人がお金のことに対して間違った考えを持たなければ良いな、と思うのです。

 

お金の問題と言うのは、確かにその物自体を解決する事も大切ですが、心の問題を解決する事も大切であると私は思っています。

amazing-interior-ideas-24-1__880

 

本来は、借金なんかしない方が良いのです。

 

事業に関しては、その性格が違いますので、お金を借りる事はありますが、個人の関していえば、借金はしないに越したことはありません。

 

日本は現在、貧困化が進んでいると言われています。

 

よう言われている言い方で、相対的貧困化、というものです。

 

他の人と比べて貧乏、という意味だと思います。

 

私は、この言葉に違和感を感じています。

 

人と比べて貧乏、という言い方をすると、その人たちは他の人に貧乏と思われたくないから無理をする。

 

その無理が、「借金」です!

 

これまた何処かで見た記事ですが、クレジットカード会社の場合、貸し出しは本人の年収の三分の一と決まっているそうです。

 

それが銀行系の場合、その縛りが無い、そうです。

 

実際に、それ以上の貸し出しをしているそうです。

 

善良な貸金業者も中にはありますが、そういう業者は大打撃ですね。

 

その話は別にして、必要以上に個人に貸している、という事ですよね、銀行系カードローンは。

 

貸す方にも問題はありますが、やはり個人の心の在り方も正さないといけないと思います。

 

他の人の事は気にしない。

 

自分自身に自信を持つ。

 

こういう心持が本当に大切になってくると思うのですね。

 

先ほども言いましたが、企業経営の場合は別です。

 

前に確実なチャンスが来ている時に、手元に資金が無いから、銀行から借りる。

 

これが、本来に貸金業なのですね。

 

だから、その予測が外れた場合、貸した方にもある程度の責任がある、という事です。

 

個人の場合は、社会が悪いというもありますが、基本的には個人の心持だと思います。

 

知識だけではなく、知性も大切にしたいですよね。