人口問題を逆手にとる

2017.05.12

日本は、急速に高齢化していると言われています。

 

実際に、私の物件に入居している属性を見ても、少しずつ高齢化が進んでいると感じます。

 

それで、この不動産賃貸業を見てみると、高齢者の入居が比較的に難しいと言われています。

 

大きな理由として、高齢者が一人で入居した場合、近いうちに亡くなる可能性がある、という事ですね。

 

私も大家なので、気持ちは分かります。

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

 

ただ、高齢化している世の中で、これで良いのでしょうか。

 

私が考えるに、この様な世の中だからこそ、高齢者が安心して住める住居を提供する必要があるのではないか、と思うのです。

 

今では、色々な形態の住居が出来ています。

 

医療機関と連携した賃貸住宅も出てきていますね。

 

これは良い事だと思いますし、これからドンドン整備されていくと思います。

 

高齢になっていくと、普通に動くのも不自由になっていきますので、それをサポートするサービスもドンドン開発されていくと思います。

 

ここに、また技術革新が生まれると思うのですね。

 

足腰をサポートするロボットなどもそうでしょう。

 

異常を瞬時に医師に知らせるシステムなどもそうだと思います。

 

ここに、AI技術もドンドン利用されていくと思います。

 

こうして、高齢者も住みやすい社会づくりがされていくと思います。

 

高齢者が安心して住めるという事は、社会が安全であるという事ですし、私くらいの年代から上の年代の方も、これから安心して暮らしていく事が出来ると思います。

 

社会が安心できる雰囲気出来上がっていくと、子供も安心できる社会が出来上がっていくと思います。

 

お年寄りと言うのは、それこそ生き字引ですから、若い年代の人も、もっとお年寄りと関わり合いを持てるようになると良いと思うのですね。