教育は本当に大事です

2018.01.07

正月の厳かな雰囲気で、今年の計画などを考える事は大変、有意義な事です。

 

その計画を作成する際に大切な事が、情報です。

 

情報がないと、自分が今年、どんな風に成りたいのか、という想像が中々出来ません。

 

先に成功している人もそう、自分が行きたい場所に行くのもそう、自分がやりたい事を探すのもそう。

 

情報がないといけません。

19a9cbab46ad2d49d2d633ed5ea570f3_s

 

そんな情報を仕入れるのに大切な事が、私は教育だと思っています。

 

教育と言うと直ぐに学校の事が頭に浮かびますが、学校教育だけが教育ではありません。

 

その証拠に、貴方も本を読むと思います。

 

その本に書かれている事、学校で習った事とは全く違う事が書かれていることもあります。

 

教育と言うのは、生涯かけて行う事で、学校だけで終わらせてはいけない事なのですね。

 

なので、私は生涯教育というものを本当に大切に考えています。

 

実際に、商売に関する事は学校では全く教えませんので、自力で勉強する必要があります。

 

よく、商売をしている家庭で育った人は、社会に出ても商売をする傾向があると言いますが、それは小さい頃から商売している現場を見ているからです。

 

単純に家業を継ぐから、という意見もあると思いますが、家業を継がない人も多くいる事を考えると、これも家での教育の結果である、と言えると思います。

 

私の場合で考えてみますと、私は学生の頃は研究者になりたいと思っていました。

 

中でもロボットに興味があり、将来はロボットを作り人になるのが夢でした。

 

今では全く違う分野で仕事してますが、今考えると、ロボットを作る事が出来たら、将来凄く儲かるだろうと考えたのかもしれません(笑)

 

私の頭の中の根底には、商売心があったのかもしれませんね。

 

この様に考えると、学校で教えられることも大切なのですが、小さい頃に学校以外で受けた影響により、将来に対する考えが浮かぶのかな、とも思えてきます。

 

学校で教えられ事として、数学、英語、国語(私の場合は韓国語)などがありますが、これもとても大切なものです。

 

数学がないと経営ではBSを理解する事が出来ません。

 

英語をやってないと、理解できない事が今では沢山あります。

 

国語をやらないと、漢字の読み書き、企画書などが書けません。

 

なので、学校の基礎教育があってこその、それ以外の教育、と言えると思います。

 

なので、せっかく学校で数学、英語、国語をやったのですから、それを利用して、これからは応用教育とでも言いましょうか、それ以外の勉強をドンドンやって行くと良いと思います。

 

私も、今年は本をよく読み、昨年よりももっと勉強する年にしようと思います。