何はともあれ、余裕が大切

2018.01.16

私のサイトではお金に関わる情報を提供していますが、起業に関する情報はあまり言っていない様な気がします。

 

私はどちらかと言うと、起業を勧める方です。

 

条件はありますが。

 

それは、人生一度きりなので、別の生き方をしても良いと思うからです。

 

それと、起業して当たれば、かなりのお金持ちにもなれます、当たれば、ですが。

 

先ほどの条件と言うのは、歳が30台の前半までで、独身である、というのが条件です。

 

40台の既婚者が脱サラして上手く行く事もあると思いますが、それは今日の題目でもある、いくらか余裕がある場合に限定されます。

8e99443a868d30b4c7e2b6987a7eb6fc_s

 

なぜこの条件を挙げたかと言いますと、商売と言うのは100%上手く行くとは限らないからです。

 

ある統計では、起業して5年で80%以上が倒産するそうです。

 

10年すると90%以上が倒産するという事ですから、始めに起業して、その会社が生き残る可能性は10%もない、という事になります。

 

でも、これには裏がありまして、初めに起こした会社が倒産する確率は高い、という事です。

 

2度目、3度目、となるとその確率は30%、50%と上がっていきます。

 

これは、失敗しても経験知がつくから、と言えると思います。

 

一度失敗しているので、同じ失敗は繰り返さないようにする、という事が出来る為と思われます。

 

それで、30台前半までで独身であれば、例え事業が失敗して破産したとしても、5年後にはまた復活出来ます。

 

一度の失敗で諦める人の方が多いと思いますが、それでも2度目にチャレンジする人は、相当な度胸と意気込みがあることでしょう。

 

それに、一度の失敗で経験知もあります。

 

こういう事から、上手く行く確率が上がっていくのだと思います。

 

失敗しくないという気持ちも分かるのですが、その為には、時間や資金の余裕が必要、という事になります。

 

私も不動産賃貸業を始めた時は、時間と資金に余裕を持たせてスタートしました。

 

事業と言うのは、トラブルが付き物です。

 

不動産賃貸業の場合は、空室もそうですし、雨漏りや地震や、人のトラブルなど、トラブルが起きる可能性は少なくないです。

 

そういう時に、時間と資金に余裕がないと、銀行の返済が出来ませんので、たちまち窮地に陥ります。

 

先ほどの話に戻りますが、若くて独身と言うのが、ここで言うところの、「余裕」とも言えると思います。

 

身が軽ければ、それが余裕に成りますよね。

 

お金の問題も全く同じで、常に少し先を見て余裕を持つことが凄く大切です。

 

面倒な事ですが、地道に計画を立て、常に多少余裕を持てるような活動をして行きたいですね。