春は印象深い季節です

2018.04.03

3月4月は私にとって本当に印象に残る季節なんです。

 

それはどうしてかと言うと、倒産寸前から復活して、これで家族を養っていける、という目途が付いた季節だからです。

 

なので、この季節になるとその時を今でも思い出しますし、特に小さい子供の入園式や入学式などをテレビなどで見ると、本当にほのぼのします。

 

私は当時、2月に最終判断の営業方針を取り、これでダメなら会社は倒産というところだったんです。

ee2bc5a6094e9739f508af009b5e665e_s

 

当時は娘がちょうど小学校に入学する年で、2月の段階ではどうなるのだろう、これで復活できなかったら娘の入学どころではないので、3月には離婚して妻の実家の近くの学校に入学する事になる、ということを考えていました。

 

でも、その営業方針があっという間に効果が出て、翌月の3月には手元にキャッシュが残るという、本当に夢の様な状況に復活できたんです!

 

それで、娘の幼稚園の卒園式も笑顔で迎える事が出来ましたし、小学校の入学式も満面の笑みで出席することが出来ました。

 

今考えると、その時が私の大きな人生のターニングポイントだっと思います。

 

その後の私の判断が今の状態を生み出しているのですが、何とか変化しなくてはいけない!、と心に刻み込んだのですね。

 

遊技業は許可営業なので、法改正があると瞬く間に影響を受けます。

 

なので、全く別の業種に転換することを誓ったんです。

 

本当に、この季節になるとその時をありありと思いだすんです。

 

今考えると、もし当時とった営業方針が上手く行かなくても、それなりに何らかの結果が得られてまた別の道を歩いていたと思います。

 

    私は運が良かった!

 

今までありいとあらゆる書籍を読んでいますが、成功する法則なんて私はないと思っています。

 

運、この一言に尽きると私は思います。

 

ただ、行動しないと結果は出ないというのは確かで、これだけは100%です。

 

有名な話で、織田信長の桶狭間の戦いというのがありますよね。

 

今川義元に対して、少数の軍勢で戦い勝った話です。

 

この話は、孫子の兵法の書籍でよく出てくる話ですが、私は運だと思っています。

 

あの時は、それしか方法が無いから仕方なくその方法を取る。

 

実際に、織田信長はその後の戦では、勝てるべくして勝つ方法しか使っていません。

 

世のなか、運による事も多くあるのは間違いない事なのですが、それでも成功するためには行動するしかないのです。

 

幸い日本は、それほど無理しなくてもそこそこの生活は出来るだけの社会基盤が出来ています。

 

食べるのは困らない、そういう国なので、それなりで良ければ、それほど無理しなくても良いと思います。

 

うん~~~、難しいですね。

 

なので、心の底からやりたい事があり、失敗しても何度もチャレンジするという気概がない場合は、無理に起業する事はないと思いますし、中途半端が一番良くないです、周りに迷惑を掛けるので。

 

何だか、話がぜんぜん違う方向に行ってしまいましたが(笑)、この季節になると、苦しかった時期のことを思い出して、物思いにふけるのが今の私でもあります。