遊びと仕事を分離した方がよい?

2018.04.26

仕事と遊びは分けた方が良い、という話はよく言われていることです。

 

私の個人的な環境で言いますと、父が早くに亡くなり23歳から会社の経営者として仕事してきましたので、仕事と遊びの分離と言うのは、あまり気に事はありません。

 

私が思うに、仕事が嫌いな人が仕事と遊びを分けたがるのではないか、ということです。

 

仕事はお金を稼ぐためにあるもので、嫌いとかキツイ仕事を仕方なくやっている、という場合は、自分のプライベートに仕事を持ち込むのは嫌でしょう。

fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s

 

でもよくよく考えてみると、仕事も人生の一部ですし、現代社会では、仕事をしないと生活が出来ない訳ですから、その仕事を仕方なくやるというのは、時間が勿体ないですし、何だか人生損した気分になるような気がします。

 

だとすれば、仕事を楽しく出来るように努力する、仕事が楽しく出来るような心構えを持つように、自分自身を変えて行くほうが良いのではないか、ということですね。

 

例えば、仕事が順調な時は良いのですが、何か問題があり順調に進んでいないときもあると思います。

 

そんな時は、いくらプライベートは仕事のことは考えないと言ってもそれは土台無理なことで、気にかかって仕方ないと思うのです。

 

そうなんですね。

 

仕事と遊び(プライベート)を綺麗に分けるというのは至難の業です。

 

なので、初めから仕事と遊びを分けないで、お互いを思いっきり連結させて物事を考えるようにした方が気が楽になると思いませんか。

 

私が思うに、仕事と遊びというのは分けるものではなく、お互いが関わりあっている方が自然だと思うのです。

 

そうですね、私はゴルフを多少やるのでゴルフで例えると、まず仕事が幾らか順調でないとゴルフは楽しめません。

 

特にグリーン周りなどは、繊細なタッチが必要なので、何か悩み事などがあると手先が狂い、中々上手く行きません。

 

この逆に、その様な時でも冷静さを保ちショットが出来るようになると、仕事に戻っても逆境での心持ちみたいなものが養われると思います。

 

仕事も遊びも、お互いがそれぞれ影響しあい、役に立つことがたくさんあると思います。

 

それを無理やり引き離しても良い事はないと思うのですね。

 

なので、仕事と遊びに厳密な線を引かずに、人生を楽しむくらいの心持でいた方が、仕事が上手く行くような気がしますが、あなたはどの様にお考えですか。