大金を手にしたから人が変わった

2018.05.05

よくこの様な言い方を聞きますよね。

 

私は、父から会社を継いだ時は景気が良かったので、一般のサラリーマンの方と比較すると、高価な遊びをしていたと思います。

 

一晩で数十万円、という遊び方をしたこともあります。

 

ただ会社の調子が悪くなり、そんなことはしてはいられない、という状況になると、直ぐに節約した生活をする事が出来ています。

 

社会的にはそういう人が少なく、破産したり、夜逃げしたり、という人は多く聞きましたが・・・

79f6d76b79ba2053aa18f224a66f32e1_s

 

ただ、私が個人的に思う事は、お金で人が変わるのではなく、元からそういう人だけでど、お金を手にしてその本性が出た、という事だと思います。

 

これは本当に有名な話ですが、あの大投資家のウォーレン・バフェットは年間に1千万円~2千万円位のお金しか使わないと言います。

 

それでも大金だ!、と文句が出そうですが、ハリウッドスターがプライベートジェットを買ったり、あちこちに別荘を買ったり、そういうお金の使い方をしているのと比較すると、かなり質素です。

 

あの人は、元からそういう人なのでしょう。

 

まあ、お金にはそれだけ大きな力があるという事だと思いますが、人はお金で変わるのではない、ということは言えそうです。

 

確かに、表向きには変わる事は確かです。

 

昨年までは年収が500万円だった人が、今年は年収2000万円になったと言ったら、収入が4倍になっているのですから、変わった事は確かです。

 

ただ、元から派手な性格の人は、お金を手にするとそういう風に行動するでしょうし、地味な人はその様に行動する、という事ですね。

 

私の個人的な事で言えば、そうですね、地味な方だと思います。

 

パチンコ店を閉めて、その不動産を売却して、それまで購入した不動産の借り入れを殆ど返済して、キャッシュフローはかなりあります。

 

一般的には、千葉の一等地に事務所を構えて・・・

 

という風になるでしょうけど、自宅近くのアパートの一室を事務所にして、細々と活動しています。

 

私の周りには、バブル当時の派手な生活が抜けなくて苦労している人が、数人います。

 

その中には夜逃げして、音信不通という人もいます。

 

このように考えますと、普段から自分の心を整えるための活動をするというのは、本当に大切な事だと思います。

 

自分にとっての幸福と言うのは何だろう、と日々自問自答する事は大切な事ですね。

 

世の中には色々な自己啓発書が出ていますが、その様な観点から読んでみるのも良いと思います。