儲けるために、どう行動するか

2018.05.23

商売で儲けるためには少しぐらいの悪さはしようがない、という言葉をたまに聞きます。

 

最近のテレビや新聞、雑誌などの報道を見ていると、上記の考えが色濃く出ているような気がします。

 

最近では、日大のアメリカンフットボールの問題。

 

成果を出すためには、多少の悪い事は仕方ない、という風潮がチーム内にあったようですね。

 

まあ、この報道は他の大きな問題を隠す格好の餌食になっていますが。

 

いずれにして、儲けるためには少しくらいの・・・

afbba4e976ba9a897cd1a5a045b109c7_s

 

ということは、時々言われる事です。

 

これ、本当でしょうか。

 

私が思うに、短期的には仕方ないけど、長期的な目線で考えると、とんでもない、というのが本音です。

 

例えば飲食店で、最初は500円で提供しようと思っていたメニューが作ってみたら採算が合わない事が分かった、と。

 

この食材を使いたいけど、採算が合わないから他の安い食材を使い、説明はそのままで置いてしまった、というケースですね。

 

あり得る事だと思います。

 

短期的、そうですね、2年位で撤退するなら、仕方ない事かもしれません。

 

どのみち信用が無くなり、店を閉める事になりますから。

 

それで、その店で儲けた利益で、正直に出来るお店をオープンして、恩返しをすると。

 

先ほどのお店は悪い事と言うよりは、妥協と言えると思います。

 

世の中、そう簡単には自分の思い通りに行かない事があります。

 

一時的に回避して、撤退し、その後に恩返しとして、世の中に奉公するという姿勢が大切な事だと思います。

 

商売をしていて、どうしても仕方ない、という部分は出てくると思います。

 

その後にどれだけ恩返しができるか、だと思うのですね。

 

特に東京での話だと思いますが、最近の金融機関の引き締めの影響で、単価の高いお客さんが減っている傾向があるようです。

 

新規で開店したお店は厳しいかもしれません。

 

こういう時にどのように考えるか、というのは大切な事です。

 

商売は絶対正直時にやるべきです。

 

それが信用になり、長期的には必ずお客様が儲けさせてくれます。

 

それが「信用」というものです。

 

一時的には、自分や自分の家族を守るために仕方ない行動をしたとしても、その後にしっかりと恩返しをして、世の中に対して奉公する、という姿勢を大切にしたいものですね。