現在の不動産業界に関して

2018.09.01

この間、シェアハウス問題に関連して不動産業界について、少し話させて頂きましたが、やはりもう少し突っ込んで考えてみようと思います。

 

その後も色々な情報が入ってきていますが、あんな事件があったのに物件価格はそれほど下落していない、という印象をうけます。

 

特に区分に関しては価格は安定していますし、一棟物に関しても、売り出し価格は安定してます(価格交渉は出来るかもしれませんが)。

 

これは業者さんの話ですが、今でも融資を出してる銀行はあると。

48cc62abb19a893601ccc39d532bc0bc_s

 

その銀行の判断基準に合致している物件は価格が下がらない、という事のようです。

 

ただ私が思うに、その価格が妥当な価格なら良いのですが、明らかに高いのですね。

 

融資期間を見ても、築古で25年以上の融資期間を設定していて、金利も3%以上と高いです。

 

これは憶測ですが、スルガが行っていた融資対象をそのまま取ってしまおう、と考えている様にも見えます。

 

業績が落ちている不動産業者にとって、そういう金融機関は本当にありがたい存在でしょう。

 

これを逃してはいけない、という感じでポータルサイトを見ても、最近、案件が物凄く多いです。

 

しかも利回りが低い!

 

私もその様なメールを最近多く受けとります(笑)

 

この様な環境なので私は、当分は物件購入はしない方向で考えています。

 

今の様な状況が落ち着くころには、物件価格も落ち着くと思うのですね(適正な価格に)。

 

アメリカの影響からか、株価も不必要に上昇している感じがします。

 

昔から、株価と不動産価格は連動すると言いますが、理由が違うにせよ、今はその様な状況になっている、という事ですね。

 

静観する時期だと思います。

 

それでも、物件を購入し続けなければいけない、という方がいるのも事実。

 

融資で事業を持たせるというのは、健全ではありません。

 

融資で拡大する時期は完全に終わっているのに、それをやっているという事は将来が気になります。

 

この様な時期だからこそ、「足るを知る」という言葉の大切さが分かりますね。