成功ではなく成幸を目指す

2018.10.24

私は、成功願望が強いのか、自己啓発書をよく読みます。

 

今でも、斎藤一人さんの書籍を読んでいますが、自己啓発書には「成功」という文字が頻繁に登場します。

 

成功とは、どの様な状態を表すのでしょうか。

 

お金持ち、豪華な家、高級車など、煌びやかな生活風景で表せる事が多いです。

 

現代では、これもテレビやSNSを始めとする、メディアの影響だと思いますが、お金の中心の成功を表している事が多いように思います。

c2c52301ba28c4a7120e3378dbb1b58c_s

 

お金は確かに資本主義社会では必要なものだと思いますし、重要な道具であることは確かだと思います。

 

でも、これからの時代はAIが登場し、またベイシックインカムなどの考え方も出て来て、必ずしもお金を中心に考えなくても良いのではないか、とも思います。

 

この問題は大変難しい問題ですから、あまる深入りする頭がこんがらがるので、注意しなくてはいけません(笑)

 

でも、これからの時代を生きていく私たちは真剣に考えなくてはいけない事柄でもあると思います。

 

50年後、100年後の世界と言うのは、AIとロボットが工業製品は殆ど生産出来る世の中になると思います。

 

所謂、現在の生産ラインで働く人の仕事は無くなるでしょう。

 

農業でさえ、最近はドローンが話題ですが、種を植える作業や農薬の散布などもAIとロボットで出来てしまう世の中になると思います。

 

まあ、有機栽培や手作り栽培はまだまだ残るので、やはりこれからの仕事として、農業は重要な部分になってくるでしょう。

 

この様に、仕事をしなくてもベイシックインカムにより、一定の生活が出来る、という世の中になると、どの様な事が起きるでしょうか。

 

今までは、お金持ちになるために必死に働いて、ある程度の年齢で引退して、悠々自適に暮らしていく、という考え方がありましたが、ベイシックインカム制度により悠々自適が当たり前の世の中になるかもしれません。

 

今回の話は極端な話をしているかもしれませんが、そうなったら、という事で話をしましょう(汗)

 

そうすると、成功の一指標であったお金の問題と時間の問題はクリアされてしまいます。

 

お金中心、仕事中心に立てて来た人生設計が崩れる事になりそうです。

 

なので私は、「成幸」という言葉を使う事で、これからの社会の在り方を考えて行きたいのですね。

 

いや~~、難しい問題に首を突っ込んでしまいましたが、たまにはこういう掴みどころのない事柄についても考えてみて、脳に汗をかいてみようと思います。