大抵の場合は本人の責任

2019.04.22

会社とか学校などで、何か悪さをするとか、成績がわるいとか、都合が悪い事があった場合、親が悪いとか直属の上司が悪いとか、そういう事が言われることがあります。

 

私も、つい言ってしまう事があります。

 

でも、それは大抵の場合は、本人が悪いという事が言えるという事です。

 

これは納得できない部分もあると思いますし、私もそう思いました。

 

ただ、その説明を聞いてみると、なるほどな、と思えてきました。

 

何故ならば、同じ環境でも勉強する子供もいれば、仕事が出来る社員はいるものだからです。

bc96e2c35a845825dff136779f6f673c_s

 

家族は殆どの場合、同じ環境で育つものですが、勉強が出来る子供もいれば、出来ない子供もいます。

 

スポーツが得意な子供もいれば、そうでない子供もいます。

 

最近、色々な情報を収集していて思う事は、人間は千差万別で、その道の才能が有る無い、というものがある、と思えるようになりました

 

神様は、全ての人に何か得意な事柄を与え、その分野に気付き、その分野に打ち込んでいる時は浸食も忘れるほど没頭できる、というものです。

 

私は、商売に関して考えている時は没頭して、他の事が耳に入らない事があるのですが、これもその一つかも知れませんね。

 

少し話が逸れましたが、何か組織に対して都合の悪い事があった場合、基本的にはその当人の責任、という事です。

 

親の責任でもなければ、直属の上司の責任でもない。

 

おそらく、その都合の悪い事が起きた時に、そうした方が組織側が責任の追及をし易いから、そうしたのではないかと思えてきました。

 

親も、子供に勉強が出来る子供に成って欲しければ、小さい頃からそういう環境におく必要があるでしょう。

 

それでも、神様が別の才能を与えていれば、その分野では花開かないかもしれません。

 

いや~~~、凄く難しい事ですが、難しいから人生は楽しいのだと思います。

 

以前に何処かで話したかも知れませんが、私は小さい頃は遊技業は嫌いでしたが、その様な環境に置かれたら好きになりました。

 

今では不動産業界ですが、これはもっと好きです(笑)

 

そう考えると、私は商売全般が好きなのかな、という感じなのですね。

 

お金儲けもそうですが、人の役に立ち、その報酬としてお金が返ってくる、というプロセスが好きなのだと、今では思います。

 

そういう事なので、会社の上司や学校の方は、その社員の親のせいにしたり、直属の上司のせいにしたり、しない方が良いかも知れませんね。

 

今は、色々と法律もややこしいですからね。

 

本人が何かに気付くように仕向ける、という事が大切な時代になった、という事だと思います。