無理をしない

2019.08.25

無理をしない、というと、それ程悪い事ではないように思います。

 

ここ数年、ブラック企業とか規定よりも安い賃金でパートやアルバイトを雇用する、などと言うニュースが多かったお陰で、上記の様な、無理をしないという事が良い事のように言われている風潮があります。

 

でも、自分の人生をもっと充実したものにする為に、それで良いのでしょうか。

 

私は、いつも無理をするのは確かに良くない事ですが、時には多少無理した方が、良い人生を送れるような気がします。

c9f292b15f94839c2ab61d0b66addfd8_s

 

私で例えると、借金が返せないくて、RCCに債権が譲渡され、その後色々とお金の面で苦労しましたが、その期間、かなり無理をした時期はあります。

 

でも、その様な時期があったからこそ、経営能力が付きましたし、他の人にはそんな思いはさせたくないという人情みたいなものも生まれました。

 

また、そういう時期があったからこそ、色々な知識が身に付き、今の仕事にも役立っています。

 

人間と言うのは、ここで何度も言っていますが、本当に怠け者です。

 

少し余裕が出来ると、直ぐに遊んでしまいますし、気が抜けます。

 

だからと言って、そんな状況があまり長く続き過ぎるのも確かに健康上、良くありません。

 

なので、年中そんな厳しい環境ではいけませんが、自分を鍛える意味でも、一定期間、その様な時期は必要だという事です。

 

昨今問題になっている、劣悪な環境での仕事の問題ですが、数十年前の零細企業の現場からすれば、それ程でもなかったりします。

 

やはし、平成の30年で甘やかされて育ち、少しの環境の変化についていけない若者が増えすぎたのでしょう。

 

この様な事が、これからまだ数十年続きますと、本当に将来の日本が心配になります。

 

まあ、私の読みが外れた今回の消費税増税で、更に厳しい経済環境になるでしょうから、そのままでも鍛えられる社会構造になりそうです。

 

これからの社会は、もっと脳を使わなければいけない社会構造になると思います。