自分の考えで判断する

2020.05.02

今回のコロナ問題でのデータが、徐々に出揃ってきました。

 

貴方は、最近のテレビの発表を観てどう思いますか?

 

感染者に関しては、色々な憶測が出ています。

 

当初は、オリンピックを何が何でも開催するという事で、政府が感染者の公表に対して、調整をしていたのではないか。

 

本当に色々な憶測が流れました。

3346948_s

 

それで、オリンピックが来年に延期となった次の日に、いきなり100人を超える感染を発表したのですから、国民がそういう疑いをかけても当然のことと思います。

 

ただ、私たちが確かに確認出来るのは、死者数です。

 

昨日の時点で死者数は481人です。

 

これは、誤魔化しようがないと言いますか、誤魔化せても大きくは誤魔化せないので、信用できる数字です。

 

これは、毎年のインフルエンザで亡くなる方の5分の一程度だという事です。

 

客観的に考えても、それ程恐れる事はない病気だという事は分かると思います。

 

私は個人的に思いますが、これは何かの意図があってこの様な事態を起こしている。

 

故意にこういう事態を引き起こしている、と言わざるを得ません。。

 

それがいったい何なのか、私のような小人には分からない事ですが、恐れる事はないというのは、分かります。

 

それと、人間と言うのは鋭い感覚を持っていますので、自分の周りがどの様な状況に成っているかを実感してみると良いと思うのです。

 

少なくとも、私の周り数百人の中には、コロナで亡くなった方はいません。

 

感染者さえもいないかもしれない、と言えるほどです。

 

これを考えてみても、何らかの大きな組織、大きな力が働いている様に思えます。

 

まあ、こんな風に色々と考えたところで、経済状況が悲惨な状態になっている事は確かです。

 

今はパンデミックで、多くの人がパニックになっているので、まだまだ実感が沸かないという事があると思いますが、これが数か月経ってくると、実体が分かってくると思います。

 

例えば、就労者関係に関すること挙げます。

 

このコロナウィルス問題で、今月に働き口が無くなった人は、今までの貯金で来月再来月位までは何とか食べる事が出来たとしても、その後の生活が困る事になります。

 

それと、今起こっている状況のデータが出揃うのに数か月掛かりますので、今年の夏ごろに実際に数字が出てくる思いますし、失職しての影響が実際に表れてくるのが夏ごろ、という事になります。

 

実体が分かってくるのが夏ごろになりますので、その頃から実際の恐慌を実感する事になると思います。

 

1929年に始まった世界恐慌に匹敵すると言われている、今回の事態。

 

一体どうなるか分かりませんが、出来るだけの準備をすることも大切ですし、これだけの恐慌になるなら、必ず政府が対策を打つ必要がありますので、政府に対して大きな声を上げる必要があると思います。