借金が増えてしまう理由を考える

借金って、どうして増えてしまうのか。

 

と考えてみたのですが、一番の理由は売り上げを伸ばしたいから、です。

 

零細企業が安定的な利益を確保しようと思えば、もっと売り上げを増やすことも重要な事ですが、その売り上げを安定して上がられる様にすることも重要ですよね。

 

そのための、私たちは設備投資をしたり、従業員を増やしたり、私の様に不動産の場合は、所有物件を増やしたり、という行動に出る訳です。

 

この全ての活動には、資金が必要です。

 

手元に十分な資金があれば良いですが、普通はありませんので、金融機関からの融資で賄う、という事になります。

 

こうして借金が増えていく訳ですが、この借金の仕方に問題があるのですね。

3cf1e0c9b2c432063e3c063ead201a9e_s

 

この時に、決算書と試算表を確認しながら、それに加えてPLを確認しながら、どれ位の投資なら安全だろう、と鉛筆舐めながら、電卓を叩きながら、ああでもない、こうでもない、と考えて答えを出します。

 

私は、金融機関からの借金はどうにかなる、と強く言っています。

 

これも孫子の兵法ですが、急場をしのぐためには、それで良いと思うのです。

 

以前にも話したと思いますが、二次破綻はダメなのです!

 

借金問題と言うのは、言うならば、一度限にした方が良いのです。

 

その場を何とかしのいだら、その後は一生懸命に会社の、お店の数字を良くする事だけを考えて、邁進しなければいけません。

 

そうですよ。

 

借金問題を解決したら、そこで休んではいけないのです。

 

これが、言うなれば、肝心要の借金問題を解決するコツかもしれません。

 

私の場合、RCC問題が解決し、もう一度、倒産の危機を経験してしまいましたが、確かに法改正に寄る部分が大きいのですが、あそこで逆転劇が無かったら、それこそ倒れていました。

 

RCC問題を解決したら直ぐに、今回の様に次の新規事業の開発に取り組んでいれば、あのような事態に追い込まれる事は無かったんですね。

 

これは、本当に気を付けて欲しい事柄です。

 

なので、ビジネスもそうなのですが、人間、死ぬまで安定はないのです。

 

日々、進化しようと進むのが人生で、それを怠けると、神様からお仕置きを受ける、という事です。

 

ただ、休んでいけないと言っても、いつもしんどい思いをする、という事ではありません。

 

これもバランスで、休み過ぎがダメですよ、と言いたいのですね。

 

私は、ここでも言った事ですが、一昨年に、以前の遊技業を廃業して、その不動産を売却し、セミリタイヤという状況にはなりました。

 

少し休憩はしましたが、「過ぎ」はダメだというのはもう、痛い思いをして知っていますので(笑)、今の会社の相続対策やら、物件の売却やら、それに加えて、更に所有物件を増やすべく、少しずつ動いています。

 

そうそう、今回、一つ物件を売却するかも知れないのですが、それで気づいた事は、購入する時の建物と土地の比率。

 

減価償却を増やしたいから、という事で、建物比率を上げる事がありますが、これも売却の事を考えると、バランスが重要だと思います。

 

これも一つの経験ですね。

 

この記事を読んでいる方は、実際に借金をしている人と、そうではない方がいると思いますが、借金問題が解決した暁には、それが経験として必ず役に立ちます。

 

なので、しっかりと着実に活動して欲しいですね。

 

私も、以前の経験があるので、借金の仕方にもバランスが大事だな、と何となく分かる様になったのですから。

ページTOP