借金に対する心構え

借金に対して、どんな心構えがあるんだ、なんて言われるかも知れませんが、キチンと理由がある借金(事業に関する)に関しては、その心構えというのも重要だと思います。

 

私もそうでした。

 

事業にせよ何にせよ、借金は良くない、という思い込み

 

その思い込みにより、所謂、社長業が疎かになるのですね。

 

社長と言うのは、借金を返済する事だけが仕事ではありません。

 

事業を立ち上げた時の理念を遂行する事が、本来の社長の仕事であるはずです。

23008dfd6cc565ef96071ce8ff585388_s

 

その資金繰りとして、たまたま借り入れで資金を調達した、という事です。

 

以前にもお話したと思いますが、そのために自分の事業を細かに分析し、将来像をを思い描き、その描いたものを数字に落とし込み、その資料に納得したから、金融機関は私たちに資金を提供してくれたわけです。

 

少なくても、その金融機関は、私たちの事業に納得した、この事業なら大丈夫だろうと思った、という事です。

 

この事だけには誇りを持ってほしいと思います!

 

自分のエゴだけで提供された資金では決してない、という事に対して、自信を持ってほしいと思います。

 

この様な心構えでいるからこそ、知識を提供してくれる専門家もいれば、手助けをしてくれる、専門家もいるのです。

 

自分のエゴのために作ってしまった借金なんて、俄か利益を狙った○○○のような専門家位です。

 

最近は、過払い金請求が終わり、また新しい手法で攻めているようですが、これを見ていると、日本と言う国は、法律に甘いし、また平和だな、とも思います。

 

いずれにしても、事業資金と言うのはエゴから来るものではありませんので、皆さんは自信をもって頂きたいです。

 

それと、これも以前にお話ししましたが、サービサー法や民事再生法に関連して、問題を解決していく過程で、計画的に破産を利用したり、協議離婚という手法も取り入れる場合があります。

 

破産とか、離婚という言葉を聞くと、特に生真面目な社長さんは、その言葉にマイナスイメージを持つかも知れませんが、それも、計画的なこと。

 

そこは、大きな、自分の本当の資産を守るための戦略的な事ですので、感情に左右されずに行動して頂きたいです。

 

お金の問題と言うのは、掴みどころが無いものを処理するような部分があります。

 

実際に、お金と言うのは、中央銀行がある先進国では、中央銀行が、ボンっと、キーボードを叩くだけのものです。

 

日本ならば、その日銀当座預金に書かれた数字を各銀行が運用する(正確には少し違いはありますが、大まかにはこの様な感じです)事で、資金が流れて行きます。

 

このお金を金融経済へ回せばバブルが起き、実体経済に回せば好景気になり、インフレになります。

 

よく聞きませんか?

 

リスケをする際に、何年も金利だけ支払う事があります。

 

私が思うに、これは金利は銀行の利益なので払わなければいけませんが、元本は、日銀当座預金に書かれたお金を運用したものだから、と言えるかもしれないのですね。

 

金商人が初めて、金の預かり証を流通させた、というのがこれにあたります。

 

ただ、日銀当座預金のお金は金融機関しか運用できません。

 

なので、事業資金として金融機関から調達できた場合のみ、この様な考え方が出来るのであって、個人の借金やクレジットカードの借金は、これとは違うのですね。

 

出来る場合、出来ない場合、それはあると思います。

 

あると思いますが、事業資金の借金に関しては、その事業が社会から必要とされているならば、なんらかの処理のしようがあると思います。

 

なので、一度は専門家に相談をして、それからじっくり考えて頂きたいですね。

ページTOP