根抵当権か抵当権か

金融機関から借金する際に、担保がある場合は、それを差出す事がありますよね。

 

不動産以外なら質権が多いですが、不動産の場合は抵当権が一般的です。

 

その中でも、根抵当権というのがあります。

 

これは、例えばある土地に根抵当権が1億円と設定されている場合、実際に借り入れが5000万円でも1億円借りているような権利になります。

 

もっと分かり易く言うと、A銀行が私の土地に根抵当権1億円を設定して、借り入れが5000万円あるとしましょう。

b9df5db46914d913ae28239a81086bd7_s

 

私は、取引銀行を増やしたいので、B銀行に融資を3000万円申し込みに行きました。

 

その時B銀行は、私がA銀行から1億円の借り入れがあるものと同等に見る、という事ですね。

 

根抵当権というのは、その金額の範囲なら融資が自由に受けられる、という権利ですね。

 

頻繁に、融資と返済をする場合は、凄く便利な権利関係だと思いますが、決められた資産内で、取引銀行を増やす場合は、こういう部分が面倒になります。

 

それと、A銀行が根抵当権で1億円の設定しているという事は、少なくともその物件には1億円以上の価値があると判断している、という事になります。

 

なので、取引銀行を増やしていきたい、という場合には通常の抵当権で融資を受けて行った方が良いですね。

 

ただ、これは私の個人的な考えですが、このA銀行が大きな銀行でこれから長くお付き合いしたい、という場合は、取り関係を深くするという意味で、根抵当権で融資を受けても良いかもしれませんね。

 

通常の抵当権の場合は、銀行側が融資の際にその都度、抵当権を設定するという手間が掛かるので、関わり合いをどうするかで判断する、というのも一つの案ですね。

 

まあ、私のサイトなので、運営が順調に行かなった場合も考えてみようと思います。

 

私の場合は、サービサーに譲渡される際に、取引銀行は一行のみでした。

 

なので、債権がRCCに譲渡される際にも、その一行の処理のみでした。

 

これが、複数行ある場合は交渉も複数ある、という事になると思います。

 

だからと言って、取引銀行を一つに絞る、というのは私は反対です。

 

事業と言うのは、良くなるように、発展するように頑張るのが当然でして、そのためには複数の銀行と取引がある方が、有利に働く事が多いです。

 

A銀行が融資ダメでも、B銀行がOKという場合もあるからですね。

 

なので、長期の事業計画を綿密に作り、じっくりと考えて、銀行との取引を考えていく方が良いと思うのですね。

ページTOP