不動産賃貸業(戸建て、区分編)

先日、一棟物について話をさせて頂きましたので、今回は小ぶりの戸建てと区分について考えて行きたいと思います。

 

私は基本的には一棟物を基本方針としていますが、それでも区分を一つ所有しています。

 

これは、不動産業者さんにたまたま紹介して頂きまして、条件が良かったので購入しました。

 

因みに表面利回りは23%です。

bfcbaf32a988ba275bf7f961b04a5ec0_s

 

戸建て物件というのは、まだ所有したことがありませんが、感覚的には区分と似たようなところがあると思います。

 

運営上の差は、区分の場合は管理費が経費として出て行きます。

 

戸建てはそれはありませんが、その代わり外装の修繕費に気を付けたいですね。

 

マンションの一室の場合は、台風や地震なども、管理組合の保険等で対応されると思います。

 

戸建ての場合は、その辺りが全て大家負担、という事になります。

 

なので、それに対する保険は入っておいた方が良いでしょうね。

 

それと、区分の場合はファミリータイプとシングルタイプで、また違いますね。

 

シングルタイプの場合は、より立地が重要視されますし、やはり出入りが速いので、その都度、リフォーム費用が掛かります。

 

まあ立地が良ければ、うまり易いですので、その辺りを気に掛けると良いと思います。

 

ファミリータイプの場合は、出入りはそれほど激しくありませんが、面積が広いのでその分リフォーム費用が高くなります。

 

これは、戸建ての場合も同じで、出入りは少ないですがリフォーム費用が高くつきます。

5246515f6f856a9ec5641543e893f16c_s

 

それぞれ一長一短ありますが、私個人的には、ファミリータイプの方が初心者向けかな、と思います。

 

私はそういう事から、一棟物でもファミリータイプの物を選んでいる、という部分もあります。

 

その都度のリフォーム費用が高く付きますが、出入りがゆっくりの方が考える時間があるので、初めのうちはファミリータイプから入ると良いと思います。

 

それと、これは私の個人的な意見ですが、地方の高利回り一棟物にも確かに魅力があるのですが、ある程度の都市部にファミリータイプの区分をいくつか所有する、という戦略も良いかな、と思います。

 

収益物件というのは、少ない多いはあるにしても、必ず修繕費が掛かります。

 

その際に、一部屋当たりの家賃収入が高い方が費用対効果が上がるという面があります。

 

なので、そういう部分も考えながら購入計画を立てていくと良いと思いますね。

 

一棟物、区分、戸建て、とそれぞれ良いところ悪いところがありますので、長期で考えて、それぞれを織り交ぜて所有するのも一つの案です。

ページTOP