プロフィール

経歴

李 英浩(リ ヒデヒロ)

 

プロフィール 李英浩

大学受験に失敗した後、父の会社でアルバイトとして働き始めて2年後、茨城に2店舗目を新規出店した際に、責任者として赴任する。

 

その後、2年ほどして父が他界する。

 

後を継いで、名前だけは社長と周りに呼ばれていたが、明らかに「この若造に何が出来る?」という雰囲気が漂う。

 

仕事がやり難いという事もあり、本店のリニューアル工事を機に、従業員を全員解雇し、新たに募集をし、全て自分よりも年下の従業員に入れ替える。

 

この時、確かに自分で残酷な事をしたという思いはあったが、おそらくこの決断をしていなければ、お店は酷い状態になっていたと思う。

 

今思い返せば、これが経営者としての最初の経営判断だったと思う。

 

 

沿革

1988年4月 入社
1989年12月 茨城店出店
1990年5月 父が他界
1990年6月 社長就任
1993年12月 本店をリニューアル
1997年〜 バブル経済の影響も無くなりはじめ、業績が下降気味に
1999年6月 メインバンクが破綻し資金繰りに行き詰まり、倒産の危機に
1999年10月 結婚
2000年春 RCCから債権引き受け(譲渡)通知が来る
2005年5月 RCCから債権を買い取る為の第三者法人を設立
2005年10月 第三者法人によりノンバンクから新規融資を受け、RCCから債権を買い取り、継続して店舗を営業できる状態になる
2006年秋 遊技台に関する法改正により、既存の台を撤去する事による売り上げ激減
2007年1月 資金が底をつき、倒産の危機に
2007年2月 これがダメなら倒産、という最後の一手が当たり、何とか倒産だけは回避
2010年4月 新規事業として不動産賃貸業に取り組み始める
2012年10月 成田物件取得
2013年9月 匝瑳市(そうさし)物件取得
2014年5月 新法人、株式会社N.D.K設立
千葉市内に区分取得
2014年9月 山武群横芝光町物件取得(2棟一括)
2015年9月 遊技業を廃業し、その不動産を売却
2015年10月 2015年10月からは、専業大家として、投資活動に従事

ページTOP