借金するきっかけはなんですか?

借金がある、そのきっかけは何?

 

誰しも借金なんてしたくない、とそう思っています。

 

特に個人の場合はそうだと思いますが、なぜ借金をする事に成ったのでしょう。

 

今回は、浪費で借金してしまった場合は考えない事にしましょう。

 

私が利く限りで多いのは、やはり住宅ローンですね。

 

社会人になり、結婚して子供が出来て、その次に来るのが家の購入、という事ですね。

5f872296e40ffc86cfcf0c459cda7f98_s

 

現在は、稀に見る低金利時代で、住宅ローンが35年返済の固定金利で2%を切るという、途轍もない状況。

 

不動産業者や住宅販売業者は、こぞってその有利性をうたい文句にして営業しています。

 

大きな収入が見込めない状態で住宅ローンを組むのは私は勧めませんが、強いて言うなら、公務員の方や上場企業にお勤めの方は、長いローンを組んでも良いかもしれません。

 

いくらか、長い目で見た収入が見込めますので。

 

今、家賃8万円を払い賃貸に住んでいるという場合、現在の低金利下では、35年ローンですと、もっと広い家で返済が毎月6万円とか、そういう事が普通にあります。

 

一見、将来自分のものに成るし、毎月の返済が今より安いから、楽な様に感じます。

 

でも、今の仕事が35年に渡り安泰であるという保証はありますか。

 

今お勤めの会社が倒産するという事はありませんか。

 

私は仕事がら、競売物件情報を多く見ますが、特に戸建ての案件を本当に多く見ます。

 

新築の場合、どんなに地方でも1000万円以下で売っている事はありませんが、その案件が競売で100万円前後、酷くなると数十万円という価格で競売に掛けられます。

 

その住宅ローンを組んだ方は、多くの方がその競売で落とされた金額では全額返済出来ない、という状態になり、無い家のローンを払っている方も多いです(この点に関しては、戦略的な破産や個人再生と言った方法もありますので、専門家に相談すると良いですね)。

 

その家は競売で落とした人の所有になりますので、その方はその家のために組んだローンを払っている、という事に成ります。

 

この点が理不尽だ、という声も聞きますが、無計画なローンを組んだ方も悪い、という事も言えるのですね。

 

ただ、住宅ローンの場合、その家がある事で家族の団らんがあったり、仕事を一生懸命にやるモチベーションになったり、心の安らぎだったり、色々とありますので、何とも言えない部分もあります。

 

私は以前から言っていますが、金融機関からの借り入れ(住宅金融公庫も金融機関です)に関しては、先方にも貸し手責任を問う事が出来ますので、やりようがあるのですね。

 

それでも、破産や個人再生といった手法を使いますので、一時的に、不便な部分は出てきます。

 

クレジットカードが組めなかったり、自動車ローンが組めなかったり、と何かと不便になります。

 

やはり、余計な借金はしない方が賢明だという事には変わりはありません。

 

この様な観点から、大きなお金を投じるときには十分な時間をかけ、感情に流されずに、数字と冷静な頭で判断する必要があります。

 

ただ、誰かのためにした借金なら、金融機関が相手なら何とかなる事は確かですので、専門家に問い合わせて解決の糸口を見つけて頂きたいですね。

ページTOP